体験者が語る!包茎手術の麻酔と痛み

包茎手術を受けてコンプレックスとおさらば!そう考えてはみたものあと一歩が踏み出せない、カウンセリング予約画面で「いや、ちょっと待てよ」と思いとどまってしまう、そういった方に多いのが「痛み」への不安です。

包茎手術は余った包皮をメスで切るため痛いと思われがちです。しかし、実際には痛みはほとんどありません。手術前には当然麻酔をしますので「え?もう切ったの?」って感じです。唯一痛いと言えば麻酔を注射する時に少しチクッとする程度です。管理人ムケスケも切る包茎手術体験者ですが、カウンセリングで聞いていたとおり麻酔時の痛みだけでした。

身近な痛みに例えるとしたら、「虫歯や親不知(おやしらず)の抜歯」でしょうか。麻酔をする時はチクっとしますが抜歯の時の痛みは全くなく、麻酔が切れた時に痛みが出ますが、痛み止めの薬を飲めば痛みは消え、翌日にはほぼ痛みが治まる、そんな感じでした。

ここでは包茎手術の痛みが心配で一歩を踏み出せないでいる方に、ムケスケが体験した包茎手術の痛みについてご説明します。

包茎手術に用いられる主な麻酔方法

まず初めに、包茎手術クリニックで用いられている主な麻酔方法についてご説明します。

表面麻酔

包茎手術では、麻酔をペニスに直接注射することが一般的です。麻酔の注射針は極細タイプが使用されることが多いですが、それでも痛みはあります。

そこで、麻酔注射の痛みを軽減するために行われるのが表面麻酔です。麻酔成分のついたシールタイプの物や、塗布するタイプのものがあります。

局所麻酔

切除するペニス部分のみ痛みを取り除く麻酔です。全身麻酔のように意識を失うことはなく、手術中も意識はありますが痛みを感じることはありません。

ほとんどの包茎手術クリニックで採用されている麻酔方法です。

笑気麻酔

笑気(亜酸化窒素ガス)を吸って痛みや不安を軽減させる麻酔です。マスクを使ってガスを吸引することからマスク麻酔とも呼ばれます。針を使わないので痛みは一切ありません。

一部クリニックで採用しているところがありますが、追加費用が発生することがあります。

静脈麻酔

点滴により眠くなる薬を投与し、眠っている間に麻酔と手術を行います。そのため痛みを感じることや、手術の緊張や恐怖を感じることもありません。笑気麻酔や局所麻酔を併用することが多いです。

一部クリニックで採用しているところがありますが、追加費用が発生することがあります。

手術当日の痛み体験談

手術イメージ

実際に包茎手術を受けた管理人ムケスケの、手術中~手術後まで当日の痛みの様子です。

手術前、表面麻酔のおかげで恐れていた麻酔の痛みはほぼなし

包茎手術の際には麻酔をします。ムケスケは毎晩結構な量のお酒を飲むのですが、手術前夜は「麻酔の効きが少しでも良くなるように」と飲酒を控えました。気休めかもしれませんが・・・。でも、それくらい手術前は「痛いんだろうな・・・」と憂鬱な気分でした。

手術当日、麻酔は局所麻酔と言われるもので、おちんちんの部分だけに麻酔をかけます。よって意識を無くすことはなく、入院の必要もありません。包茎手術を行うクリニックのほとんどがこの局所麻酔です。局所麻酔は注射タイプの麻酔です。しかし、注射が痛くないようにまずは表面麻酔をしてくれます。麻酔成分を含んだシールを注射するところに数分貼って感覚を麻痺させるような感じです。

その後、いよいよ注射による麻酔をするのですが、ペニスに直接針を刺すことになります。正直言って刺す瞬間が一番怖かったです。麻酔の痛みですが「チクッ」とした少しの痛みで、正直拍子抜けしました。それくらい痛みはほぼありませんでした。

ムケスケは親不知を4本抜いていますが、その時の麻酔のほうがよっぽど痛かったです。ちなみに剃毛をする必要はありませんでした。

手術中は意識がハッキリしているものの痛みはなし

いよいよ執刀です。カウンセリングの時と同じ医師が執刀してくれます。ムケスケの表情がよほど緊張で強張っていたのか、「緊張されてますか?すぐに終わりますから大丈夫ですよ」と声をかけてくれて少し緊張がほぐれました。

意識はハッキリとありますが、麻酔が効いているのでペニスの感覚は全くありません。仰向けの状態で肘をたて手術の様子が見られるのですが、皮が切られているときも全く痛みはありませんでした。本当に切ってるの?ってくらいの無痛です。

手術終了から30分経過

手術は約30分、本当にあっという間に終わりました。術後の制限などの注意点を聞き、費用の精算をし、麻酔が切れたら飲むようにと痛み止めの薬ももらいました。

手術終了から30分くらいでクリニックを出ます。徐々に麻酔が切れてきたのか、若干違和感を感じ始めますが、「痛い!」という感じではありません。

手術終了から2時間、徐々に痛みが増してくる

手術を受けたクリニックから自宅までは約2時間かかったのですが、帰りの電車では早く家に帰って横になりたいという事ばかり考えていました。確実に座って帰れる特急を使おうかとも思いましたが、そこまでの痛みでもないので特急は使わず。途中まで座れなかったですがなんとか耐えました。

手術終了から3時間、麻酔が切れ痛みのピーク

手術から3時間が経過し、麻酔は完全に切れました。痛みとしてはこの頃が一番のピークでした。ただし、切ったところがジンジンする程度で、顔をゆがめるほどの激痛という訳ではありません。親不知を抜いた時のピークの痛みの半分くらいです。痛み止めを飲んで痛みが落ち着くのを待ちます。

手術終了から5時間、痛みが落ち着く

痛みも落ち着き、自宅で夕食を普通に食べました。手術中は麻酔で大丈夫だと思っていましたので、一番恐れていたのは手術後麻酔が切れてからの痛みでしたが、思っていたほどではありませんでした。

当日は飲酒はNGです。二日連続でお酒を飲まないなんて何年ぶりだろうと考えながら、暇なので晩御飯を食べてすぐに寝ました。

手術翌日以降の痛み

数日は痛みが出ることを覚悟していましたが、ムケスケの場合寝て起きたら痛みはありませんでした。もらった痛み止めも飲む必要はありませんでした。

ムケスケは土曜日に手術を受け、翌週月曜からの仕事中に痛みでないか心配でしたが、問題なくいつも通り仕事は出来ました。職場の同僚もまさか私が2日前に「おちんちんの皮を切った」とは思わなかったでしょう。

それでも僕は切るのが怖いという人へ

ご説明したとおり、包茎手術はほぼ痛みを感じることはありません。ただ、「それでも僕は切るのが怖い!」という方は、「切らない手術」を検討してみてはいかがでしょうか?

切らない包茎手術の方法や対応しているクリニックなどを知りたい方は「切らない包茎手術の3つの方法と、対応クリニック5選」をご覧ください。

切らない手術でも皮を根本で固定するために糸を使って縫合をする必要があるため、まったく痛みがないわけではありませんし麻酔もします。それでも「切らない」ということで恐怖心はだいぶ違うのではないでしょうか?

ただし、切らない手術は「通常時から亀頭が半分程度出ている軽度の仮性包茎」の人にしか効果が期待できず、カウンセリングの結果手術は受けられないとなるケースがあります。

まとめ

いかがだったでしょうか?「痛み」に不安を感じている方、私もそうでしたが、恐らくは拍子抜けをすると思います。それくらい痛みはほとんどありません。歯医者さんで親不知や虫歯を抜いたことのある人なら余裕で耐えられる痛みです。

包茎手術を受ける人の多くが痛みに対して不安を持っています。クリニック側もそのことは十分承知していますが、痛みを感じないような麻酔にも力を入れています。歯を抜いたことがある人であればなにも心配することはないでしょう。

カウンセリングバナー


関連記事


包茎手術クリニック人気ランキング


おすすめ記事


トップへ
包茎手術ランキング