切らない包茎手術の3つの方法と、対応クリニック5選

一般的な包茎手術は「余った包皮を切る」というやり方で、病院の泌尿器科は勿論、ほとんどの包茎手術クリニックが切る手術を採用しています。

しかし、切る包茎手術には「手術跡が残る」「セックス1ヶ月禁止」「激しい運動禁止」といった、人によっては許容することが出来ないデメリットがあります。

「包茎は治したい。でも、すぐにセックスしたいし仕事も体を使う仕事だから、切らずに治したい」という方におすすめなのが「切らない包茎手術」です。

切らない手術って具体的にどうやるの?安全性の面で問題ないの?など、やり方が一般的ではないため不安に思うかもしれません。

切らない手術とはどういうものかについて説明したうえで、切らない包茎手術を行っているクリニックの中でも特に評判の良いクリニックについて、手術方法から費用までご紹介します。

切らない包茎手術とは?

包茎手術といえば、余分な包皮をメスで切り取り、切除箇所を縫合する手術が一般的です。それに対して切らない包茎手術は包皮を切ることはありません。もちろんメスも使用しません。

どうやって切らずに包茎を治すのかはクリニックによって様々なやり方がありますが、主な方法として以下の3つの方法があります。

亀頭を増大し、包皮被りのストッパーとする方法

仮性包茎の原因は包皮余りです。包皮の余り具合が強い場合は切る手術が最適ですが、軽度の包皮余りであれば亀頭を大きくするだけで、包皮が亀頭に引っかかって亀頭に被らなくなります。

亀頭増大による包茎治療

亀頭を増大する方法ですが、ヒアルロン酸を注入する方法が一般的で、ほとんどの包茎手術クリニックが対応しています。

亀頭増大について詳しくは「亀頭増大(強化)手術が必要なサイズとは?小さい原因と手術のメリット」をご覧ください。

皮を剥いた状態で余った皮を根本で固定する方法

手で包皮を剥き、医療用の糸を使って根本で固定する方法です。

切らない包茎手術01

この方法ですが、糸で固定して剥けている状態に矯正するという考えに沿った方法であるため、軽度の仮性包茎にしか効果がなく、また年齢が30歳以上の方には効果が薄いと言われています。

埋没しているペニスを伸ばし包皮余りを解消する方法

体内に埋没しているペニスを引っ張り出して固定し、ペニスを長くして包皮余りを解消する方法です。

切らない包茎手術02

包茎の原因は包皮の余りですから、ペニスが長くなれば包皮の余りが解消されるということになります。

切らない手術のメリット

切らない包茎手術のメリットとしては以下があります。

手術跡が目立たず周りにバレない

最大のメリットは手術跡が目立たず、手術したことが周りにバレにくいという点です。

切る手術は術後の見た目がどうしても不自然になってしまいます。代表的なものがツートンカラーです。余った包皮を切った後、これまでずっと外に出ていたペニスの棒部分の皮と、外に出ることのなかった皮の内側を縫合するため、どうしても急激な色の変化が出てしまいます。自然に剥けているペニスは根元から亀頭にかけてグラデーションで色の変化をしていますので、その違いは一目でわかってしまいます。

切る手術でも手術跡を目立たなくする「亀頭直下埋没法」という方法がありますが、こちらはまだ自然ですが、根本から亀頭までが同じ色となり、自然なグラデーションではありません。切らない手術は自然に剥けているペニスと同じ自然な見た目になるため、手術跡が目立ちません。

術後の制限がほとんどない

切る包茎手術は術後に多くの制限があります。代表的なものととしては、

  • セックス(オナニー)は4週間禁止
  • 飲酒は1週間程度禁止
  • 入浴は1週間程度禁止

といったものです。これらの制限の理由は包皮の切除、縫合を行っているためです。

一方で切らない手術の場合これらの制限がなく、セックスも当日から可能となります。身体を動かす仕事をしている方にとってはとても助かりますね。

セックスの感度が低下しない

切る手術は性感帯である包皮内板(皮の内側)を切除するため、人によっては若干の感度低下を感じる人がいます。切らない手術では感度低下はありません。

痛み、出血、恐怖感がない

切る手術というと「痛そう」「大量出血しないか心配」といった恐怖感があります。切らない手術は痛みが少なく、手術によっては出血もありません。

手術費用が安い

切る包茎手術の場合、見た目を気にしない一般的な手術方法でも平均で5万円~10万円の費用が一般的です。一方で切らない手術の場合、安いところでは25,000円から行っているクリニックもあります。

※手術方法、クリニックによって異なります。

また、手術時間が30分程度で終了するのもメリットです。

切らない手術のデメリット

切らない包茎手術のデメリットとしては以下があります。

真性包茎、カントン(嵌頓)包茎は受けられない

切らない手術が行えるのは仮性包茎のみとなります。真性包茎、またはカントン(嵌頓)包茎の場合は切る手術が必要となります。また、仮性包茎でも軽度の仮性包茎でなければ効果がない場合もあります。

切らない手術で治るかどうかは実際にカウンセリングに行き、ペニスの状態を医師に診断してもらわなければなんとも言えません。

効果が継続しないことがある

切らない包茎手術を受け、しばらくは常に剥けている状態が続いたが、しばらく経ったらまた以前のように皮を被ってしまった、ということがあります。これは、剥き癖を付けるという方法での手術の際に起こる可能性があります。

手術費用が無駄になってしまいますので、カウンセリングでペニスの状態を診察してもらい、効果が出るかどうかを確認しておきましょう。

オススメクリニック5選

切らない包茎手術は全てのクリニックが行っているわけではありません。包茎手術は切る手術が一般的であり、切らない手術を提供しているクリニックのほうが少ないと言えます。

ここでは、切らない手術に対応しているクリニックの中から、実際にカウンセリングを受けた経験を元に管理人ムケスケがおすすめするクリニックを5つご紹介します。

クリニックごとに手術方法も費用も異なりますので、2つ以上のクリニックでカウンセリングを受けることをおすすめします。

本田ヒルズタワークリニック

本田ヒルズタワークリニック

↓↓公式サイトはこちら↓↓
本田ヒルズタワークリニック公式サイト

切らない包茎手術に対応しているクリニックで最も有名なのが本田ヒルズタワークリニックです。本田ヒルズタワークリニックの切らない手術が一躍有名になったのは、TV等でも活躍している総院長の本田昌毅院長がTVでも切らない包茎手術について語った様子が放送されたことがきっかけです。

本田ヒルズタワークリニックの切らない手術は、亀頭増大と長茎術がメインです。そのため費用は他クリニックの切る手術よりもかなり高くなると考えたほうがよいでしょう。

ホームページに費用について書かれていませんが、管理人ムケスケが実際にカウンセリングで提案された金額が目安になると思います。気になる方は「本田ヒルズタワークリニックの料金と本当の評判」をご覧ください。

カウンセリングは本田院長自らが行ってくれ、無料です。話を聞いてみる価値はあります。

本田ヒルズ公式サイトバナー

東京ノーストクリニック

nost

↓↓公式サイトはこちら↓↓
東京ノーストクリニック公式サイト

東京ノーストクリニックは全国31の地域に開院しており、誰でも通院しやすいというのが大きなメリットです。また、切らない包茎手術に対応しているクリニックの中でも最も規模が大きく、実績あって有名なクリニックです。

切らない包茎手術の費用は30,000円(税別)です。切る手術で最も安い手術が60,000円(税別)でのので、半分の費用で包茎を治すことが出来ます。

東京ノーストクリニックの切らない手術は、二重瞼を形成する美容整形手術を応用した方法です。包皮が剥けた状態で余っている包皮を根本で縫い合わせ、固定して剥き癖をつける方法となります。手術時間は30分程度と短く、とても手軽に包茎を改善することが出来ます。

東京ノーストクリニックはカウンセリング、医師による診断ともに無料で行っています。まずはカウンセリングを受け、自分のペニスで切らない手術を受けることが可能かどうかを診断してもらいましょう。

管理人ムケスケが実際に切らない手術が受けられるかどうかカウンセリングで質問しました。その様子は「体験者による東京ノーストクリニック「ホントの」評判」をご覧ください。

※場合によっては切る手術をすすめられる場合もあります。

カウンセリングの申し込みは以下のバナーから専用フォームに進み、必要事項を入力することで可能です。

東京ノースト公式サイトバナー

皐月クリニック

皐月クリニック

↓↓公式サイトはこちら↓↓
皐月クリニック公式サイト

皐月クリニックは関西を中心に、大阪難波、大阪梅田、神戸、広島、岡山に5院展開しているクリニックです。全国展開していませんが関西では評判・口コミが良く、人気のクリニックです。切らない手術の費用が25,000円と最安値で、関西方面在住の方であれば必ずチェックすべきクリニックと言えます。切らない包茎手術を行っているクリニックの中では管理人ムケスケが知る限り最安値です。

手術方法は、二重瞼を形成する美容整形手術を応用した方法です。包皮が剥けた状態で余っている包皮を根本で縫い合わせ、固定して剥き癖をつける方法となります。東京ノーストクリニックと同じですね。手術時間は10分程度と短く、とても手軽に包茎を改善することが出来ます。

皐月クリニックはカウンセリング、医師による診断ともに無料で行っています。まずはカウンセリングを受け、自分のペニスで切らない手術を受けることが可能かどうかを診断してもらいましょう。

※場合によっては切る手術をすすめられる場合もあります。

カウンセリングの申し込みは以下のバナーから専用フォームに進み、必要事項を入力することで可能です。

↓↓無料カウンセリング申し込みは以下をクリック↓↓
無料カウンセリング予約フォーム

エーツ―美容外科

エーツ―美容外科

↓↓公式サイトはこちら↓↓
エーツー美容外科公式サイト

エーツ―美容外科は大宮、上野、名古屋、梅田、福岡に合計5院展開しているクリニックです。亀頭直下埋没法による切る手術が5万円(税別)という低価格で人気のクリニックですが、切らない手術にも対応しています。

切らない包茎手術の費用は15万円(税別)です。東京ノーストクリニックと比べると高いと思われるかもしれませんが、理由は手術方法が異なるためです。

エーツ―美容外科の手術方法は、いわゆる「長茎手術」と言われるもので、体内に埋没しているペニスを引っ張りだして固定し、3cm~8cm程度長くします。それによって皮余りを解消して包茎を改善するのですが、ペニスのサイズも大きくなるという点がとても人気です。

エーツ―美容外科はカウンセリング、医師による診断ともに無料で行っています。切らない手術を検討している方は、「固定する方法の東京ノーストクリニック」、「亀頭増大の本田ヒルズタワークリニック」、「長茎手術のエーツ―美容外科」ということで、それぞれ方法が異なる3つのクリニックでカウンセリングを受け、費用などを比較して検討する方が多いです。

ちなみにペニスがどのくらい長くなるかは無料カウンセリングで確認することが出来ますので、話を聞くだけでも面白いと思います。

エーツー美容外科のカウンセリング内容を知りたい方は、管理人ムケスケによる体験談「悪評ばかり?エーツー美容外科の評判は本当か直接聞いてみた」をご覧ください。

カウンセリングの申し込みは以下のバナーから専用フォームに進み、必要事項を入力することで可能です。

エーツー美容外科バナー

新宿メンズサポートクリニック

新宿メンズサポートクリニック

↓↓公式サイトはこちら↓↓
新宿メンズサポートクリニック

新宿メンズサポートクリニックは「痛くない」「キレイな仕上がり」をウリとするクリニックです。葉山院長は大手包茎手術クリニックで多数の手術を行っていた実績があり、技術的にはなんの心配もありません。

クリニックはまだ新宿に一つあるだけですが、夜22時まで診療しており、新宿で働いている人が仕事終わりに手術を受け、その日のうちに包茎を卒業することも可能です。

新宿メンズサポートクリニックの切らない包茎手術の費用は15万円(税別)です。エーツ―美容外科と同じ金額です。

手術方法は、エーツ―美容外科と同じく「長茎手術」と言われるもので、体内に埋没しているペニスを引っ張りだして固定し、2cm~8cm程度長くします。それによって皮余りを解消して包茎を改善するのですが、ペニスのサイズも大きくなるという点がとても人気です。

サイズアップにより切らずに包茎手術をしたいという方は、エーツ―美容外科のセカンドオピニオンとして話を聞くと良いでしょう。

カウンセリングの申し込みは以下のバナーから専用フォームに進み、必要事項を入力することで可能です。

↓↓無料カウンセリング申し込みは以下をクリック↓↓
無料カウンセリング予約フォーム 

まとめ

いかがでしたでしょうか。切らない包茎手術とはどのようなものか、またオススメのクリニックを紹介させていただきました。

記載したとおり、切らない包茎手術は仮性包茎の方しか受けることが出来ず、また仮性包茎であっても医師の診断結果によっては切る必要があると診断されることがあります。

もしも切らずに治せるのであれば、切る手術に比べて様々なメリットがありますのでとてもラッキーだと言えます。

また、切らない手術と言っても「根本で固定して剥き癖を付ける方法」と「ペニスを長くして皮余りを解消する方法」の2種類あります。

出来れば両方のクリニックから話を聞き、メリット・デメリットを比較し検討することをおすすめします。


関連記事


包茎手術クリニック人気ランキング


おすすめ記事


トップへ
包茎手術ランキング