包茎手術で保険適用を受けるための2つの条件

アイキャッチ

包茎手術を受けたいが、費用は出来るだけ抑えたい、保険適用の3割負担で安く済ませたい、当然高いよりも安いほうがいいに決まっています。

しかし、包茎手術を行っているクリニックのホームページを見ていると「自由診療」と書かれています。なぜ保険が適用されないのでしょうか?保険が適用されるための条件はあるのでしょうか?

保険適用を受けるための条件

真性包茎、またはカントン(嵌頓)包茎であること

保険適用で包茎手術を受けるためには、包茎の状態が「真性包茎、またはカントン包茎であること」が条件となります。包茎のほとんどを占める「仮性包茎」は保険適用外となります。

仮性包茎の手術に保険が適用されない理由ですが、保険適用のルールとして「生活に支障のある症状に対する最低限の治療である」というものがあります。

真性包茎は自分で包皮を剥いて洗うことが出来ないため、炎症など様々な病気のリスクがあります。

また、カントン(嵌頓)包茎は包皮輪(包皮の先端)が狭く、無理に剥くとペニスを締め付けてリンパの流れが悪くなり、壊死する可能性があります。

一方で仮性包茎は自分で皮を剥いて洗うことが出来ますので健康上のリスクはありません。仮性包茎を治療する方の多くが「見た目のコンプレックス」を解消する目的ですので、審美歯科のホワイトニングや美容整形の二重瞼、豊胸手術などと同様、保険が適用されないのです。

包茎の種類別のリスクや治し方については「包茎の種類は3タイプ。タイプ別の原因とリスク、治し方まで」をご覧ください。

病院の泌尿器科で手術を受けること

二つめの条件が、病院の泌尿器科で手術を受けることです。包茎手術というと「上野クリニック」や「ABCクリニック」といったところが有名ではありますが、それらは全て自由診療となり、医療費は全額自己負担となります。

「真性包茎やカントン(嵌頓)包茎であれば、上野クリニックでも保険が適用されるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、残念ながら上野クリニックなどは包茎の種類に関わらずすべて自由診療となります。

また、泌尿器科専門の病院でも、包茎手術は自由診療となっているところがあります。診察を受ける前に、電話やメールで「保険での治療はやっているか」を確認しておきましょう。

なかには保険での治療が出来ると言っておきながら、診察の結果「この症状は保険が適用されない」と言って自由診療での治療をすすめてくる病院もあると聞きますので注意が必要です。

なぜ泌尿器科で手術をする人が少ないのか?

それならば、真性包茎やカントン(嵌頓)包茎の人が上野クリニック等で手術を受けることはないのか?と言うとそうでもありません。実際には真性包茎やカントン(嵌頓)包茎の方でも上野クリニック等で手術を受ける人は大勢います。

理由は、泌尿器科の場合「手術跡が残ってしまう」ためです。代表的なものとして「ツートンカラー」があります。

ツートンカラーとなってしまう原因ですが、それは泌尿器科で行われる一般的な手術方法である「環状切開」という方法にあります。

包茎手術は余分な包皮をカットし、カットした端と端を縫合します。この時、縫合する一方は長年包皮の内側に隠れていた部分で色がピンク色となっており、もう一方は元から外側にあった肌色の部分となります。

そのピンクと肌色の部分を縫合することで、急激な色の違いによってツートンカラーとなってしまうのです。包茎手術していることを知らない周囲の人が見ても「不自然」と感じるくらい目立つため、折角包茎を治療したのに今度はツートンカラーがコンプレックスになってしまうというケースが多いのです。

露茎と包茎手術したペニスの違い

ツートンカラーは時間がたてば自然な色になるとも言われますが、それには30年かかるとも言われています。やっと目立たなくなる頃にはもうおじいちゃん・・・というのではがっかりですね。

一方で上野クリニックなどでの手術の場合、ツートンカラーは勿論、手術の跡が目立たないような手術を行ってくれます。

手術跡が目立たないようにする手術として、切除・縫合ラインが亀頭の直下に来るように計算し、通常時は包皮に隠れて跡が見えなくするという方法があります。これを「亀頭直下埋没法」と言います。

手術費用は自由診療で20万円前後が目安となり、泌尿器科の費用(1~2万円程度)よりもだいぶ高くはなりますが、一生に一度の手術だし後悔したくないという方が自由診療での治療を希望しています。

亀頭直下埋没法のメリット・デメリット、手術費用の目安については「3分でわかる!亀頭直下埋没法のメリット・デメリット」をご覧ください。

まとめ

包茎手術で保険適用を受けるための条件についてご説明しました。

真性包茎、カントン(嵌頓)包茎の方は、手術跡が目立ってもよいからとにかく安く!というのであれば泌尿器科、手術跡を目立たなくしたい!というのであれば包茎手術クリニックで手術を受けるのが好ましいでしょう。


関連記事


包茎手術クリニック人気ランキング


おすすめ記事


トップへ
包茎手術ランキング