包茎手術の痛みと麻酔について

一般的な包茎手術は余剰包皮を切除する方法です。敏感な部分を切除すると聞くと「痛そう」と思われるかもしれませんが、麻酔をしますので手術中の痛みはありません。

しかし、全く痛みがないかと言えばそうではなく、主に以下2つの痛みを伴います。

  • 麻酔による注射の痛み
  • 麻酔が切れた後の痛み

実際に包茎手術を受けた筆者の体験談を交え、包茎手術の麻酔と痛みについて詳しく解説します。

手術時の麻酔について

麻酔のイメージ画像

冒頭でも述べたとおり、手術によって包皮をメスで切除する時は麻酔によって痛みを感じることはありません。しかし、麻酔を注射する時にチクっとした痛みを感じることがあります。

一般的な麻酔である局所麻酔について

包茎手術で採用される麻酔は局所麻酔が一般的です。施術する箇所のみの感覚を麻痺させる麻酔ですので、麻酔が効いてからも意識はあります。

麻酔は極細針の注射器を陰茎に刺して行われます。陰茎の根本よりの方が痛みを感じにくいということで、根本に近いところに刺されることが一般的です。

麻酔は3時間程度で切れますので入院の必要はなく、日帰りの手術となります。

局所麻酔は陰茎に注射をします。出来るだけ痛みに対するストレスを軽減するため、包茎手術を専門に行うクリニックでは以下のような対策を行っています。

  • 極細針を採用
  • 表面麻酔によって針の痛みを軽減

局所麻酔の痛みは十分耐えられる痛みだと思いますが、どうしても怖いという人には他の麻酔方法を用意しているクリニックもあります。以下で紹介します。

笑気麻酔

笑気(亜酸化窒素ガス)を吸って痛みや不安を軽減させる麻酔です。マスクを使ってガスを吸引することからマスク麻酔とも呼ばれます。針を使わないので痛みは一切ありません。

一部クリニックで採用しているところがありますが、追加費用が発生することがあります。

静脈麻酔

点滴により眠くなる薬を投与し、眠っている間に麻酔と手術を行います。そのため痛みを感じることや、手術の緊張や恐怖を感じることもありません。笑気麻酔や局所麻酔を併用することが多いです。

一部クリニックで採用しているところがありますが、追加費用が発生することがあります。

手術後の痛み

股間を抑えて痛がる男性の画像

前項で述べた通り、手術中の痛みは麻酔の時の痛みのみだと言えます。しかし、麻酔はいつまでも効いているわけではなく、麻酔が切れれば痛みを感じるようになります。

局所麻酔は3時間程度で切れる

局所麻酔はおよそ3時間程度で効果が切れて感覚が戻り、徐々にズキズキとした痛みを感じるようになります。

痛みが酷い時には処方された痛み止めを服用しましょう。しかし、飲まずに耐えられる人もいます。

包茎手術の痛みですが、縫合が丁寧で細かくされているほど、創面(切除による傷の表面)が空気に触れることがなく、痛みが小さいと言われます。

包茎手術の痛みは施術する医師の技術によっても左右されますので、信頼できる医師にお願いすることが大切です。

翌日~3日程度で痛みは治まる

翌日~3日程度経過すれば、刺激を与えなければ痛みを感じない程度に治まります。

仕事や学校など、激しい動きを伴わない日常生活であれば問題なく過ごすことができます。

3週間程度でほとんど痛みはなくなる

手術から3週間程度経過すると、刺激を与えても痛みを感じない程度に回復します。

ただし、セックスやオナニー、激しい運動の解禁は様子を見ながら慎重に判断しましょう。

手術後の制限について詳しくは以下の記事をご覧ください。

手術後の痛み包茎手術後の制限や痛み、注意点について
包茎手術にはいくつかの術式がありますが、余剰包皮を切る手術の場合、手術後一定期間は日常生活に制限がかかります。また、切る手術で...

痛みの少ない術式

包茎手術の痛みについて説明しましたが、痛みに対して不安が拭い去れないという人向けに、痛みの少ない包茎手術の術式を紹介します。

しかしこれらの術式は、余剰包皮を切る術式と比べて確実に包茎が解消される術式ではありません。

切らない術式

その名の通り、余剰包皮を切らずに包茎を治療する術式です。切らない術式には、主に以下3つの方法があります。

ナチュラルピーリング法

切らない包茎手術の図解:余剰包皮を根本に糸で固定し、剥き癖をつける方法。

包皮を根本に引っ張り亀頭を露出させた状態で、美容医療用の糸を使って根本に固定する方法です。包皮を切除しないため痛みはほとんどなく、術後の回復も早いです。

また、ナチュラルピーリング法という名前のとおり、切る手術のような手術跡が残らず、自然に向けた陰茎と同じような見た目になるというメリットがあります。

ただし、軽度の仮性包茎でなければ効果は期待できず、確実に包茎が治る方法ではありません。

切らない包茎手術について詳しくは以下のリンク先をご覧ください。

切らない包茎手術01切らない包茎手術の3つの方法と、対応クリニック5選
一般的な包茎手術は「余った包皮を切る」というやり方で、病院の泌尿器科は勿論、ほとんどの包茎手術クリニックが切る手術を採用してい...

亀頭増大術

亀頭増大手術の効果解説画像04(包茎が改善される):亀頭を増大することで、余剰包皮が亀頭に被ることをカリがストッパーの役割をし防ぐ。

亀頭にヒアルロン酸などのフィラー剤を注入して大きくすることで、余剰包皮が亀頭に被らないようストッパーとする方法です。

術後の回復が早く亀頭が大きくなるというメリットがありますが、確実に包茎が改善する方法ではありません。

亀頭増大術について詳しくは以下のリンク先をご覧ください。

アイキャッチ費用は?後遺症は?ペニス(亀頭)増大手術の効果とおすすめクリニック5院
「ペニスを大きくして彼女をイカせたい」「男同士の裸の付き合いで恥ずかしい思いをしたくない」そんな悩みを持っているあなたに検討し...

長茎術

長茎術の解説画像:施術を受けることでペニスの長さが2cm~8cm程度長くなる。余剰包皮の解消により包茎の改善も期待できる。

体内に埋没している陰茎を引っ張り出し、陰茎を長くして皮余りを解消する方法です。長くなるのは通常時の陰茎であり、勃起時の長さはあまり変わらないと言われています。

また、余っている皮の長さが陰茎の長さよりも長ければ包茎が解消されることはありません。

長茎術について詳しくは以下のリンク先をご覧ください。

サムネイル後遺症はある?長茎術のリスクとおすすめクリニック5院
ペニスが小さくて人に見られるのが恥ずかしい、ペニスを大きくして皮余り包茎を治したい、などの理由で長茎術を考えている人は多いです...

背面切開術

陰茎の背の部分の包皮口を縦に切除し、横に縫合する術式です。切除する量が少ないため術後の回復が早いメリットがあります。

しかし、麻酔の痛みはありますし、術後数日は痛みを感じます。さらに、自分で皮がむける仮性包茎の状態にすることを目的とした術式であり、確実に包茎が解消されないことがあります。

まとめ

以上、包茎手術の麻酔と痛みについて説明しました。

包皮を切除すると聞くととても痛いように思うかもしれませんが、麻酔をしますので手術中は痛みを感じることはありません。

ただし、麻酔を注射する時の針の痛みと、麻酔が切れた後のズキズキとした痛みはあります。

麻酔にはいくつかの種類があり、笑気麻酔や静脈麻酔など、注射器を使わない方法もあります。ただし追加費用がかかりますのでよく検討しましょう。

また、痛みが少なく術後の回復も早い術式もあります。ただし、確実に包茎が改善される方法ではありません。確実に包茎を解消するのであれば、多少の痛みはありますが切る手術を受けることをおすすめします。



包茎手術おすすめクリニック


おすすめ記事


人気記事

  1. エーツー美容外科サムネイル
    ネットの口コミは本当?エーツー美容外科の評判は本当か直接聞いてみた
  2. サムネイル
    体験者によるメンズサポートクリニック「本当の」評判
  3. 本田ヒルズタワークリニックサムネイル
    本田ヒルズタワークリニックの料金と本当の評判
  4. 東京ノーストクリニックサムネイル
    体験者による東京ノーストクリニック「ホントの」評判
  5. ABCクリニックサムネイル
    ABCクリニックの悪い評判、デメリットを知ろう!体験談あり
  6. 上野クリニックサムネイル
    上野クリニックは費用が高い?悪い評判まとめ【体験談あり】

taiken
nomoney_banner

トップへ
包茎手術ランキング