今日からできる!包茎が原因の早漏を無料で治す3つの方法

「セックスの時に挿入してすぐ射精してしまう。これって俺が包茎だから?」と悩んでいる男性は少なくありません。

  • パートナーはなにも言わないけど不満に思われてたらどうしよう
  • 長い挿入時間でパートナーを満足させたい、挿入でイカせたい

などなど、相手を想う気持ちからこのような悩みを持っている男性も多いと思います。

早漏にはいくつかの原因がありますが、最も多いのが包茎が原因の「過敏性早漏」です。

ここでは、早漏の原因について詳しく解説するとともに、包茎男性でも今日から自分で出来る改善方法・トレーニング方法についても説明します。

早漏とは

早漏と包茎の関係について説明する前に、まずは早漏とはなにかについて簡単に説明します。

早漏の定義は「挿入後1分以内の射精」

早漏の定義ですが、国際性機能学会の定義では「挿入後1分以内に射精してしまい、挿入時に射精をコントロールすることができない性機能不全」と定義しています。

しかし一方で、アメリカの性科学者アルフレッド・キンゼイが1948年に発表した「キンゼイレポート」によると「パートナーが満足するまでセックスの挿入時間をコントロールできずに射精してしまうこと」と定義されています。

時間の目安としては1分以内の射精と明確な目安がありますが、「女性が満足していない」「男性側に申し訳ない気持ちがる」というのも早漏であると言えるでしょう。

日本人男性の平均挿入時間

下の表は女性の恋愛・カラダ・エッチの悩みのアンケート調査を行っている「ラブサーチ」において、「セックスのときの平均挿入時間」についてアンケートを行い299名から回答を得た結果です。

セックスの挿入時間

出典:https://www.lc-net.net/quick_en/ques625/

上記を見る限り、早漏の定義である「1分以内」は4名(1.3%)となっています。これだけを見ると早漏男性はとても少ないということになります。

女性が求める理想の挿入時間は約15分

一方で、女子SPA!が20~30代の未婚女性200人へ行ったアンケートによると、理想の挿入時間は14.4分という結果が出ました。

出典:https://joshi-spa.jp/7465

もう一つの早漏の定義である「女性の満足度」という点で見ると、ラブサーチのアンケートから挿入時間20分以内の223名(74.6%)が早漏という結果になります。

包茎は早漏の一番の原因

早漏の定義について説明しました。それでは早漏の原因について解説します。

早漏の3つの原因

早漏には大きく分けて以下3つの原因、タイプがあります。

過敏性早漏

過敏性早漏とは、早漏の原因として最も多い原因であり、包茎が原因の早漏もこの過敏性早漏です。包茎性早漏と呼ばれることもあります。

過敏性早漏の原因ですが、ペニスが非常に敏感なため、わずかな刺激で射精中枢が反応し、意思に反して射精してしまうというものです。

セックスをやり始めたばかりの頃、「イカないように我慢しているのに射精を止めることができなかった」という経験をした人は少なくないはずです。

心因性早漏

心因性早漏は、セックスに対する妄想による性的興奮、または精神的なコンプレックスやストレスにより短時間で射精してしまう早漏です。セックスの経験が少ない若い男性に多いと言われています。

衰弱性早漏

衰弱性早漏とは40代以降に多く、加齢による早漏です。一言で言えば老化現象です。

年齢とともにセックスの経験を重ねることで早漏が改善されるという人もいますが、その一方で「体力」「筋力」の衰えによって早漏になるケースもあります。筋力低下に伴い射精をコントロールする「射精管閉鎖筋」が衰え、射精がコントロール不能になってしまうのです。

包茎ペニスの亀頭は刺激に慣れていない

亀頭への刺激

包茎がどうして早漏になるかですが、それは亀頭が普段から刺激に慣れていないからです。

亀頭はペニスに性感帯のほとんどが集まる箇所であり、セックスやオナニーで最も快感を得られる部分です。包茎ではない、普段から亀頭が露出しているペニスは亀頭が下着にこすれて自然と強化されています。

しかし包茎の場合は皮に守られており、いざセックスの時に皮を剥いて挿入すると亀頭が敏感なためすぐに射精してしまうのです。

今日からできるおススメの早漏防止法3つ

ここでは、包茎、または過敏性早漏でお悩みの男性に、今日からすぐ出来るおススメの早漏防止法3つをお伝えします。

常に剥けている状態で日常生活を過ごす

皮を剥いて亀頭を露出した状態でパンツをはき日常生活を過ごします。最初は亀頭に痛みを感じるかもしれませんが徐々に慣れ、継続することで亀頭が刺激に強くなります。

皮余りが多く剥いた状態が維持出来ないという場合は絆創膏で剥いた状態を固定するという方法がおススメです。

参考記事:https://houkeishujutsu-hikaku.com/houkei-self-cure

スクイーズ法

スクイーズ法とは、米国のジョンソン博士が提唱する早漏改善トレーニングであり、ペニスに刺激を与えて射精する寸前でペニスを握って強制的に射精を抑えるという方法です。

こう聞くと肉体的なトレーニングのように思いますが、射精のコントロールを脳に覚えさせ、早漏を改善する方法です。

スクイーズ法の手順

スクイーズ法は原則としてパートナーと二人で行います。ただし、パートナーがいない場合はローションやオナホール等を使って一人で行うこともできます。

手順は以下のようになります。

  1. 女性上位(騎乗位)で挿入しペニスに刺激を与える
  2. 射精しそうになったらペニスを膣から抜き、カリの付け根部分を親指と人差し指でギュッと握って圧迫して射精を止める
  3. 1と2の手順を15分程度を目安に繰り返す

スクイーズ法の注意点

  • スクイーズ法の効果は短期間では出ません。4~6ヶ月を目安に継続しましょう
  • トレーニング後にはしっかりと射精してください
  • 射精障害のリスクがあります。異常を感じたらトレーニングをやめ、医師に相談しましょう

セマンズ法

セマンズ法とは、心理療法による早漏改善法です。パートナーとの手コキや挿入において射精を我慢→再び性行為を繰り返す方法です。

スクイーズ法は一人でもできますが、セマンズ法はパートナーの協力を得て行う必要があります。女性への負担が大きく、ハードルはやや高いと言えます。

セマンズ法の手順

セマンズ法は4つの段階に分けて行います。

  1. 第1段階 パートナーによる手コキ
    パートナーに手でペニスを刺激してもらい、射精しそうになったら手を放し、射精感が収まったら再び刺激してもらいます。これを合計4回繰り返し、4回目に射精します。
  2. 第2段階 騎乗位での挿入
    騎乗位の体勢で挿入し、女性に動いてもらいます。射精しそうになったらペニスを抜き、射精感が収まったら再び挿入して動いてもらいます。これを合計4回繰り返し、4回目に射精します。
  3. 第3段階 側臥位での挿入
    側臥位の体勢で挿入し、腰を動かします。射精しそうになったらペニスを抜き、射精感が収まったら再び挿入して腰を動かします。これを合計4回繰り返し、4回目に射精します。
  4. 第4段階 正常位での挿入
    正常位の体勢で挿入し、腰を動かします。射精しそうになったらペニスを抜き、射精感が収まったら再び挿入して腰を動かします。これを合計4回繰り返し、4回目に射精します。

短期間で早漏を治すなら包茎手術がおススメ

包茎が原因の過敏性早漏を改善する方法としておススメなのが包茎手術です。手術で余った皮を切除することで亀頭が常に露出した状態となり、刺激になれて過敏性早漏が改善されます。

管理人ムケスケも包茎手術を受け、明らかに挿入時間が長くなりました。今では射精のタイミングがコントロール出来るようになり、パートナーが絶頂に達するタイミングに合わせて同時に射精していますので、パートナーの満足度もとても高いです。

包茎手術の費用は3万円~30万円が目安

包茎手術で気になるのが手術にかかる費用ですが、手術によって大きく異なります。

手術跡がツートンカラーになる簡易的な手術は10万円以内、ABCクリニックなら3万円の手術もあります。一方で手術跡の目立たない美容治療は15万円~30万円程度が目安となります。

包皮小帯の切除は早漏防止にも効果あり

包茎手術の際に、包皮小帯と言ってペニスの腹側、亀頭の下にあるスジ(通称裏スジ)を切除することで、早漏防止に効果があると言われています。

包皮小帯は性感帯ではないため、切除してもセックスの感度が低下することはありません。

包皮小帯

フィラー剤を注入した早漏改善

包茎手術クリニックでは、包皮を切除する包茎治療のほか、希望の患者に対しペニスを強化する治療を用意しているところがほとんどです。ペニスの強化とはどういう物かと言うと、亀頭にフィラー剤を注入してサイズアップし、されに刺激に強くするというものです。亀頭増大、亀頭強化とも言われます。

フィラー剤とは、有名なものではヒアルロン酸、コラーゲンと言ったものがあります。包茎手術を行った直後は亀頭が敏感なため、一時的に強化をする方もいます。

ランキングバナー


関連記事


包茎手術クリニック人気ランキング


おすすめ記事


トップへ
包茎手術ランキング