未成年が騙されずに包茎手術を受けるため絶対知っておきたいこと

修学旅行のお風呂で股間をタオルで隠さず堂々としたい、彼女が欲しいけど包茎がコンプレクスで積極的になれないなど、10代の性の悩みは深刻です。

「高校生になれば自然に剥けるだろう」と思っていたのに全然剥けない、自分で引っ張れば剥けるけどすぐに戻ってしまう。いっそのこと手術をして包茎を改善しよう!と考えている方も多いのではないでしょうか。

包茎は専門クリニックにいけば日帰りで簡単に治すことができます。しかし、未成年となると親の同意書が必要であったり、クレジットカードを使った分割払いが出来ないなど、わからないことがたくさんあるでしょう。

しかし、若いうちに包茎を改善しておくメリットはたくさんあります。

ほぼ全てのクリニックでカウンセリングを受け、各クリニックの治療方法や費用を知り尽くした筆者が、未成年で包茎手術を受ける際の注意点と、未成年でも安心して手術が受けられるオススメクリニックをご紹介します。

包茎が自然に治る可能性は何歳まで残されているか?

包茎は治したいけど、あと何年かすれば自然に治るかもしれないし・・・。そう思ってなかなか一歩が踏み出せない10代の方も多いのではないでしょうか?

筆者もまさにその一人でした。

自分で皮を剥くことは出来るけど、剥いてもすぐに戻ってしまう。この状態は仮性包茎です。

仮性包茎の原因は「皮余り」です。ペニスの長さに対して余分な皮が多すぎるということです。よって、ペニスが成長して長くなれば皮余りが解消され、自然に剥けるようになります。

包茎の原因が包皮の余剰であることの解説画像:ペニスが成長して長くなることで包皮の余剰が解消され包茎ではなくなる。

ペニスは20歳前後までは成長を続けると言われています。通常時(勃起していない状態)に亀頭が全部隠れず少し見えているような、皮余りの少ない仮性包茎であれば、ペニスの成長によって自然と剥けるかもしれません。この場合、ガマン出来るなら20歳くらいまで手術を待ってみても良いかもしれません。

しかし、通常時に亀頭がすっぽりと皮に覆われてしまっている重度の仮性包茎の場合、自然に治るのは難しいでしょう。

ちなみに、自分で皮を剥くことが出来ない状態を真性包茎といいますが、小学校高学年ごろには自分で剥けるようになるのが一般的です。高校生になっても自分で剥くことが難しい場合、自然と包茎が治る可能性は低いため、出来るだけ早く手術することをオススメします。

若い内に包茎手術を受けるメリット

筆者が包茎手術を受けたのは24歳の時でした。「いずれは自然に剥けるだろう」と思っていたものの、22歳になっても23歳になても一向に包茎が治る気配がないため手術をしました。

手術を受けて思ったことは「なんでもっと早く手術しなかったんだろう」でした。

躊躇していたのが勿体ないくらい、手術は日帰りであっさり終わりましたし痛みもありませんでした。

ここでは、「なぜ包茎手術は早いほうがいいか」について説明します。

多感な時期に見た目のコンプレックスから解消される

まずはなんといってもコレ、見た目のコンプレックスです。

高校時代の修学旅行はタオルで股間を厳重に隠し、周りの視線を気にしながらコソコソと体を洗い、5分くらいであがりました。

包茎のため好きな女の子にも積極的になれず、22歳まで童貞でした。

包茎手術をすればこの見た目のコンプレックスから、ほんの30分の手術で解消されます

亀頭が大きく成長しカリ高チンポになる

包茎の人のペニスは亀頭の小さい「先細りペニス」です。理由は被った皮が亀頭の成長を邪魔するからです。

一方で剥けているペニスは邪魔する皮がないので大きく成長します。

亀頭の成長を妨げる原因の解説画像:成長期の余剰包皮が亀頭を覆っていると亀頭の成長が妨げられる。

女性は亀頭の大きなカリ高ペニスが好きだといいます。セックスの時に大きな快感を得ることが出来るからです。

10代の内に包茎を治すことで亀頭が大きなペニスになる可能性が高くなります

早漏が改善される

包茎は早漏の原因にもなります。ペニスの性感帯は亀頭ですが、包茎は亀頭が皮で覆われており、剥いた時は刺激に敏感です。

そのため皮を剥いてセックスをすると感度が良すぎて短時間で射精してしまうのです。

一方剥けているペニスは普段から下着に亀頭がこすれて鍛えられており、セックスの挿入時間も長くなって女性にも高い満足を与えられます。

学割など未成年限定の割引サービスが多い

包茎手術クリニックによっては、学生割引、未成年限定割引などのキャンペーンをやっているところがあります。

そういった割引サービスを受けることで、通常よりも費用を抑えて治療を受けることができます

未成年で包茎手術を受ける際の注意点

ここでは未成年で包茎手術を受ける際に注意しておきたい点をまとめておきます。

手術には親の同意書が必要

未成年の場合、自分の判断だけで包茎手術を受けることは出来ず、親の同意書が必要になります。

同意書はクリニックのホームページからダウロードすることが出来るので、親に記入・捺印してもらって持参するか、親に同行してもらいましょう。

手術には跡の目立つ方法、目立たない方法がある

包茎手術にはいくつかの方法(術式)があります。大きな違いは手術跡が目立つか目立たないかです。

手術跡が目立つ方法は安いですがツートンカラーの跡が目立ち、周りから見ると包茎手術をしたことがバレてしまいます。費用はだいたい3万円~10万円です。

一方で目立たない方法ですが、費用は高いですが手術跡が目立たず、周りから見ても手術をしたことはバレません。費用はだいたい15万円~30万円です。

「お金がないから安いのでいいか・・・」と思って後悔することのないよう、よく考えて下さい。包茎手術クリニックの無料カウンセリングに行けば、それぞれの方法で手術した跡を写真で見せてくれますので、そういった物を見てから考えてもよいでしょう。

手術跡について詳しくは「絶対バレたくない人必見!包茎手術で跡を目立たせないポイント」をご覧ください。

セックスの感度が下がる?

包茎手術を受けると包皮小帯(裏スジ)が切除され、セックスの感度が下がるという情報を書いてあるサイトがありますが、これはデマです。

包皮小帯は性感帯ではありませんので、切除しても感度は下がりません

ただし、性感帯である包皮の内側(内板)を切除することで、人によっては若干感度の低下を感じる人もいるかもしれません。

ちなみに筆者も手術をしていますが、セックスの感度はまったく下がっていません。手術してからもセックスはチョー気持ちいいです。

詳しくは「デマ情報に注意!包茎手術で包皮小帯が切除されるとどうなる?」をご覧ください。

手術費用の支払い方法は?未成年でもローンは組める?

包茎手術の費用は決して安くはなく、手術跡が目立たないように治療すると15万円~30万円程度になります。そのためクレジットカードで支払いをする方がほとんです。

では、クレジットカードを持つことの出来ない10代は現金一括払いしかないのか?と思われるかもしれませんが、各クリニックは信販会社と提携し、医療ローン(メディカルローン)が用意されています。それを利用すれば未成年でも分割で支払いをすることが可能です。

ただし、医療ローンには審査があり、未成年者の場合は親名義での申し込みや、親が保証人になる必要があります。「親に内緒で医療ローンで手術しよう!」というのは難しそうです。

また、医療ローンを申し込みするには、身分証明書・銀行印・引き落とし口座の通帳といったものを提示する必要があります。

クリニックによっては医療ローンの金利手数料が未成年に限り無料となるサービスもあります。詳しくはカウンセリングの際に質問してみるとよいでしょう。

まとめ

包茎の大きな原因として皮余りがあります。陰茎の長さよりも包皮の方が長いため、亀頭に被ってしまうというものです。

陰茎が成長し、包皮よりも長くなれば包茎は解消されます。20歳くらいまでは成長を待っても良いかもしれません。

ただし、若い内に包茎手術を受けてしまうメリットもあります。コンプレックスの解消、不衛生や臭いの解消、亀頭の成長を促す、早漏改善などです。

未成年の包茎手術には親の同意書が必要なケースがほとんどです。親に相談することに抵抗を感じるかもしれませんが、相談をされれば大抵の親は費用の負担等サポートしてくれるでしょう。

自分の息子がコンプレックスで悩んでいたり、病気のリスクにさらされていることを心配しない親はいないはずです。是非勇気を出して相談してみましょう。

 


関連記事


包茎手術おすすめクリニック


おすすめ記事


人気記事

  1. サムネイル
    体験者によるメンズサポートクリニック「本当の」評判
  2. 上野クリニックサムネイル
    上野クリニックは費用が高い?悪い評判まとめ【体験談あり】
  3. 本田ヒルズタワークリニックサムネイル
    本田ヒルズタワークリニックの料金と本当の評判
  4. ABCクリニックサムネイル
    ABCクリニックの悪い評判、デメリットを知ろう!体験談あり
  5. 東京ノーストクリニックサムネイル
    体験者による東京ノーストクリニック「ホントの」評判
  6. エーツー美容外科サムネイル
    ネットの口コミは本当?エーツー美容外科の評判は本当か直接聞いてみた

taiken
nomoney_banner

トップへ
包茎手術ランキング