包皮輪狭窄の3つの治し方。それぞれの良い点・悪い点を詳しく解説

包皮輪狭窄(ほうひりんきょうさく)とは、亀頭の出口である包皮輪(包皮口)が狭窄状態(すぼまって狭い状態)であるこを言います。

包皮輪狭窄の解説画像:包皮輪が狭いと、真性包茎や嵌頓(カントン)包茎の原因となる。

包皮輪狭窄は真性包茎や嵌頓包茎(カントン包茎)の原因となることもあるため、締め付けが強い場合は治療等で改善することをおすすめします。

ここでは、包皮輪狭窄について詳しく説明するとともに、確実な治し方である「手術」の他、自力で治す「器具を使った矯正」、「ステロイド軟こうを使った方法」と、3つの治し方の良い点・悪い点を交えて詳しく解説します。

包皮輪狭窄の問題点

ここでは、包皮輪狭窄の問題点について説明します。

真性包茎の原因となる

真性包茎の図解:余剰包皮が多く、亀頭全体を覆っている

包皮輪の大きさが亀頭よりも狭ければ、自分で包皮を剥いて亀頭を露出することができないため、真性包茎の原因となります。

真性包茎は包皮内部を清潔な状態に保つことが難しく、恥垢や雑菌によって様々な病気のリスクがあり、排尿障害や悪臭の原因ともなります。

真性包茎について詳しくは以下のリンクをご覧ください。

真性包茎真性包茎を治す3つの方法!それぞれの良い点・悪い点を解説
真性包茎とはペニスの包皮が亀頭全体を覆っており、自分で剥くことも出来ない症状です。仮性包茎と違って自分で剥いて包皮内部を洗うこ...

嵌頓包茎(カントン包茎)の原因となる

嵌頓(カントン)包茎の図解:包皮の出口である包皮輪が狭窄状態であり、無理に剥くことで陰茎が締め付けられ、亀頭の下が膨れ上がってしまう。

亀頭を露出させるのに十分な広さがあったとしても、包皮を剥いた後に陰茎が締め付けられる状態となり、狭窄の状態がひどい場合は嵌頓包茎(カントン包茎)の原因となります。

嵌頓包茎になってしまうと、亀頭の下の部分が狭い包皮輪に締め付けられて大きく腫れ上がり、激しい痛みを感じたり、場合によっては亀頭が鬱血して壊死することもあります。

無理やり剥くと嵌頓包茎になる恐れがあるので、決して無理やり剥かないようにしましょう。

包皮輪狭窄を治す方法

包皮輪狭窄をを治す方法には以下の3つがあります。

  • 手術(背面切開術)
  • 器具を使った矯正
  • ステロイド軟こうを使った方法

それぞれの方法について詳しく説明し、メリットデメリットも紹介します。

手術(背面切開術)

最も確実な方法は、メスを使って包皮の一部を切除し、包皮輪(包皮口)を広げる手術です。

一般的な包茎手術として、余剰包皮を環状に切除する「環状切開術」がありますが、包皮輪狭窄を改善するだけであれば「背面切開術」でも改善されます。

ただし、あくまでも包皮輪(包皮口)が広くなるだけで、包皮が余った状態が解消されるわけではありません。そんため、自分で剥ける仮性包茎になるだけで、包茎自体が解消されることはありません。

包茎自体を解消したいのであれば環状切開術などの包茎手術を受ける必要があります。

泌尿器科にて保険適用で手術が可能

包皮輪狭窄が原因による真性包茎、または嵌頓包茎の場合、泌尿器科にて保険適用での手術が可能です。手術費用は診察料や処方料も含めて3万円~4万円程度です。

ただし、仮性包茎の状態で包皮輪狭窄の解消を目的とした場合、保険は適用されません。

その場合、全額自己負担とはなりますが、美容医療系のクリニックに相談してみましょう。上野クリニックやABCクリニックといった、包茎手術を専門に行っている美容医療系クリニックがあります。

手術費用はクリニックによって異なりますので、費用の比較をする意味でも複数のクリニックで無料カウンセリングを受けると良いでしょう。

泌尿器科での包茎手術について詳しくは以下のリンク先をご覧ください。

泌尿器科包茎手術を保険適用で受ける為の条件と、実費負担との違い
包茎手術の費用は、健康保険で3割負担となる場合と、保険適用外となり全額自己負担となる2つのケースがあります。保険適用で安く治療を...

器具を使った矯正

包皮輪(包皮口)に器具を入れ、亀頭が露出する大きさまで広げる方法です。有名な器具としてはツルマキという会社が販売している「キトー君」があります。下はキトー君の画像です。

キトー君

キトー君にはDXタイプとSTタイプの2タイプが販売されており、DXタイプにはストッパーがついており、グリップから手を放しても固定した位置で広げ続けてくれます。

1回につき30分間広げ続ける必要があるため、ストッパーのないSTタイプだと疲れてしまいます。グリップ付きのDXタイプがおすすめです。

価格ですが、

  • DXタイプが12,800円(税込)
  • STタイプが9,800円(税込)

となります。

仕組みですが、キトー君の先端を包皮の先の穴(包皮輪)に入れ、グリップを握ります。すると包皮輪の穴を広げるように先端が広がります。

そうすることにより包皮輪を広げ、亀頭が露出するのに十分な広さを確保出来るようになるという仕組みです。

ただし、キトー君はあくまでも包皮輪狭窄を解消し、自分で剥ける仮性包茎にする器具です。キトー君を使ったからと言って包茎そのものが治るわけではなく、剥けるようになるものの皮は被ったままです。包茎自体を治療したいのであれば包茎手術を受けるしかありません。

キトー君について詳しくは以下のリンク先をご覧ください。

使い方02成功率99%は本当?!キトー君の効果と使い方を徹底レビュー!
もしあなたが「包茎は治したいけど、手術は痛そうだしお金がかかるしなぁ」と思っているなら、世界で唯一の包茎治療器具「キトー君」を...

ステロイド軟こうを使った方法

ステロイドとは皮膚の炎症を抑える薬として、塗り薬等の薬に配合されています。ステロイドには皮膚萎縮(皮膚が薄くなる)副作用がありますが、これを利用して包茎治療に使われています。

使い方ですが、狭くなっている亀頭の出口(包皮輪)に朝晩2回ステロイド軟膏を塗り、一定期間(約6ヶ月)かけて徐々に包皮輪を広げていくという方法です。

並行して、入浴時などに少しずつ包皮を剥くことを継続してください。包皮の癒着がはがれ出血することがありますが、その場合は1~2週間程度剥く行為を中止しましょう。

包皮を剥いて亀頭を露出できるようになったら、必ずもとに戻しましょう。剥いたままにしておくと戻すことが出来なくなり、嵌頓包茎(カントン包茎)になる恐れがあります。

3つの治し方のメリットデメリット

  手術 キトー君 ステロイド軟こう
確実性 確実 確実ではない 確実ではない
費用 4万円~20万円程度 1万円程度 数千円
期間 1度の手術で改善 2週間~ 6ヶ月~

まとめ

以上、包皮輪狭窄について説明するとともに、有効な治し方3つを紹介しました。

「背面切開術」という手術で包皮輪狭窄は解消することができますが、包茎の状態が改善されるわけではありません。

折角手術を受けるのであれば一緒に包茎手術も受け、包茎自体を解消してしまうことをおすすめします。


関連記事


包茎手術おすすめクリニック


おすすめ記事


人気記事

  1. サムネイル
    体験者によるメンズサポートクリニック「本当の」評判
  2. エーツー美容外科サムネイル
    ネットの口コミは本当?エーツー美容外科の評判は本当か直接聞いてみた
  3. 東京ノーストクリニックサムネイル
    体験者による東京ノーストクリニック「ホントの」評判
  4. ABCクリニックサムネイル
    ABCクリニックの悪い評判、デメリットを知ろう!体験談あり
  5. 上野クリニックサムネイル
    上野クリニックは費用が高い?悪い評判まとめ【体験談あり】
  6. 本田ヒルズタワークリニックサムネイル
    本田ヒルズタワークリニックの料金と本当の評判

taiken
nomoney_banner

トップへ
包茎手術ランキング