包茎手術失敗体験談!成功への3つのアドバイス

筆者は24年間悩んだ包茎を手術によって治しました。その結果、長年抱えた見た目のコンプレックスから解消され、男として自信を持つことが出来ました。

満足のいく手術を受けることが出来ましたが、中には料金トラブルや手術失敗によって国民生活センターに相談が寄せられることもあるようです。

そこで、これから包茎手術を考えている方に、筆者の体験を元に失敗しない包茎手術を受けるためのアドバイスを送りたいと思います。

抑えておきたい3つのアドバイス

まず最初に、「抑えておくべきポイント」を3つご紹介します。

① セカンドオピニオンの活用

まず1つ目がセカンドオピニオンの活用です。セカンドオピニオンとは、医療行為を受ける際に一人の医師の意見だけではなく、別の医師にも診察をしてもらい意見をもらうというものです。

幸いにも包茎手術クリニックは無料カウンセリングを行っているところが多く、治療方法について複数の医師から意見を聞くことが出来ます。

また、セカンドオピニオンは手術費用の面でもメリットがあります。仮性包茎の手術は保険の効かない全額自費での手術です。そのためクリニックによってはかなり高額なボッタクリ価格で手術をさせるところがあるようです。

筆者も「複数のクリニックでカウンセリングを受ける予定である。比較して決めたい」ということをカウンセリングの際に伝えましたが、そのおかげかどうか、ボッタクリ金額を提示されることはありませんでした。ボッタクリの抑止にもなるのではないかと思います。

筆者は東京にある10以上のクリニックでカウンセリングを受けましたが、最低でも2つ、出来れば3つのクリニックでカウンセリングを受けて下さい。

② 包茎専門クリニックで手術を受ける

包茎手術は、包茎専門クリニック、美容医療系クリニック、一部の病院の泌尿器科で対応しています。その中でおすすめなのが「包茎専門クリニック」です。

美容医療系のクリニックはメインが女性向けの美容整形(二重瞼やバストアップなど)です。

泌尿器科クリニックは保険適用で安く手術出来るメリットがありますが、ツートンカラーの手術跡が残ってしまいます。

一方で包茎専門のクリニックは包茎手術の専門であり、手術跡が目立たない術式にも対応しています。

③ 手術後1週間はスケジュールを空けておく

包茎手術は日帰りで簡単に受けられる手術ですが、包皮を切除する手術です。そのため術後には制限があります。

セックスや激しい運動は1ヶ月程度禁止となりますが、それ以外にも飲酒は1週間禁止、温泉やプールも1週間禁止といった制限があります。

筆者は土曜日に手術を受けたのですが、翌週に会社の飲み会がありました。普段は浴びるように飲むのですがその日はチビチビと飲んでいると、上司からから「どうして今日は飲まないのか」と言われてしまいました。

流石に「包茎手術をしたばかりなので」とは言えず、体調が悪いと言いましたが、手術を受ける際にはスケジュールも考えて予約を入れるようにしましょう。

セックスやオナニーの制限はある?知っておきたい包茎手術後のこと

最初の一歩はクリニック選び

包茎手術の第一歩であり最も重要なこと、それがクリニック選びです。クリニック選びで失敗すると「手術跡が汚くなった」「ボったくられた」といったことになりますのでとても大切です。

良いクリニックの見つけ方は以下の3ステップです。

  1. ネットで包茎専門クリニックをピックアップ
  2. ネットで体験談や比較を元に2つ~3つに絞る
  3. カウンセリングを受ける

まずはネットで包茎専門のクリニックをいくつかピックアップします。そして、それらのクリニックで手術した人の体験談を元に、2つ~3つ程度に候補を絞り込みます。

ちなみに筆者はネットの情報だけで大切な相棒にメスを入れるのが不安だったので、どうしても自分の目と耳で医師から話を聞きたいと思い、10以上のクリニックで実際にカウンセリングを受けました。

しかし、10以上のクリニックでカウンセリングを受けることは正直しんどいですし時間もかかります。ハッキリ言ってオススメしません。

そこで、筆者がカウンセリングを受けてみて、説明が丁寧だったりしっかり見積もりを出してくれるクリニックをご紹介します。

カウンセリングを受けておきたいおすすめクリニック

まずはこのクリニックを見て、良いと思ったところ2つ~3つでカウンセリングを受けてみると良いでしょう。

また、地域から選びたい方は「地域別クリニック比較」を参考にして下さい。

カウンセリングを予約する

良さそうなクリニックを絞り込んだら、カウンセリングを予約します。カウンセリングは各種割引サービスの対象となるネットからの予約がオススメです。

ネットからカウンセリングの希望日等を入力して送信します。送信後、自動返信のメールが届きます。(クリニックによっては届かないところもあり)

下の画像は筆者が手術を受けたABCクリニックの自動返信メールです。

確認メール

上記のメールにもありますが、多くのクリニックがいたずら防止のために予約確認の電話が必要です。ほとんどのクリニックは予約フォームに入力した番号に電話がかかってきますが、ABCクリニックのようにこちらから電話をする必要があるクリニックもあります。名前は匿名やニックネームでも大丈夫ですが、電話番号は入力間違いのないように注意しましょう。

予約確認の電話では、簡単に症状や希望の治療についてのヒアリングがあります。また、入力した希望日が埋まっているなどの場合は日程の調整が行われます。

カウンセリングはどんな内容?

カウンセリングってどんなことを聞かれるの?実際にペニスを見せて触られたりするの?強引に契約をさせられないの?などなど。カウンセリングを受けるとなると不安に思うことはあると思います。

まず、カウンセリングは短いところで15分、長いところで1時間くらいの時間をかけて行われます。

ちなみにABCクリニックと上野クリニックが1時間15分くらいの時間をかけてとても詳しく、丁寧にカウンセリングをしてくれました。

カウンセリングの流れは以下のようになります。

  • 問診票の記入
  • 問診票を元にしたカウンセリング
  • 医師による診察
  • 治療方法、費用の提案

問診票は特に難しいことはありません。包茎の状態についてのアンケート、氏名や住所といった情報のほか、アレルギーの有無、麻酔の経験、服用中の薬の有無といった内容です。

カウンセリングで要望をしっかり伝えよう

問診票を元にしたカウンセリングですが、包茎の種類、手術方法といった説明をビフォーアフターの写真を交えながら説明してくれます。

また、手術跡を目立たせたくない、早漏を治したいといった希望があればこの時に伝えておくとよいでしょう。

詳しく説明してくれるクリニックでしたら予備知識なしで良いのですが、クリニックの中には簡単にしか説明してくれないところもあります。

予備知識がないとクリニックの言いなりになってしまいそうで不安だと思う方向けに、予備知識として知っておくとよい記事を以下にリンクします。

包茎の種類は3タイプ。タイプ別の原因とリスク、治し方まで

絶対バレたくない人必見!包茎手術で跡を目立たせないポイント

亀頭増大(強化)手術が必要なサイズとは?小さい原因と手術のメリット

包茎手術でセックスの感度は下がるのか?大手クリニックに聞いてみた

デマ情報に注意!包茎手術で包皮小帯が切除されるとどうなる?

医師による診察はペニスを見せる?触られる?

カウンセリングが終わると医師による診察となります。診察用のベッドに横になります。

この時、当然ですがズボンとパンツは脱ぎ、ペニスを医師に見せます。さらに、包皮の余り具合などを診るためガンガン触ってきます。ペニスを引っ張って伸ばしたりします。勿論、医師はゴム手袋をしています。

ペニスを伸ばす理由ですが、どの程度包皮を切除すればよいか、というところを判断しているのでしょう。

ABCクリニックや上野クリニックの場合、この診察の時点で包皮の長さなどを計測してカルテに記録されます。

治療方法と費用の提案

カウンセリングで伝えたこちらの希望と診察結果を踏まえ、必要な治療(どんな手術を行うか)と費用の提案があります。

ここで提示される金額が最終的に支払う総額になりますが、クリニックによってはアフターフォローの費用が別途かかる場合もあります。

提示された金額が総額であるか、アフターフォローや薬代も含まれた金額か、手術後に金額が変わることはないか、といった点を確認しておくとよいでしょう。

強引に契約させられることはない?!

ほとんどのクリニックはカウンセリングの後、続けて手術が受けられるようにスケジュールを組んでくれています。

治療方法や費用に納得すればその場で契約をして手術を受けることも出来ますが、筆者としては複数のクリニックでカウンセリングを受け、冷静に比較をしてから改めて手術の予約を入れることをオススメします。

「そんなこと言っても、強引に契約させられたり、断りにくい雰囲気を出してくるんじゃ・・・」と心配になるかもしれませんが安心して下さい。

まず最初のカウンセリングの時に「他でもカウンセリングを受けるつもり」「今日はカウンセリングだけのつもり」といったことを伝えておくのです。そうすることで後々断りにくいということが無くなります。

ちなみに、ここでも印象が良かったのがABCクリニックと上野クリニックでした。どちらも「他のクリニックでも話を聞いてみて、よく比較して下さい」と言ってくれました。こういった対応はクリニックとしてとても安心できました。

手術当日から術後の経過について

いよいよ手術当日です。筆者は熟考の結果、ABCクリニックで手術を受けました。

改めて電話をし検討した結果手術を受けたいと伝え、手術日程の調整をしてもらって1週間後の土曜日に決定。1週間後にはズル剥けペニスになっていると思うと、長年悩まされてきた余った皮も愛おしく思えてきます。

手術を受けるにあたって不安だったのが「痛み」でした。ネットで体験者の声を見ていると、「麻酔を打つ時にちょっとした痛みはあるが、切る時は麻酔が効いているので無痛」とは書いてありましたが、体にメスを入れる手術は人生初だったのでやはり不安でした。

少しでも麻酔の効果が良くなるようにと、手術前日は晩酌をやめました(あまり意味はないと思いますが)。

緊張の手術開始まで

予約時間の10分前にクリニックに到着。まずはカウンセリングを行った部屋で手術申込書に記入します。この時に印鑑が必要になりますが、100円均一の認印で大丈夫です。

そして術後の注意事項が書かれた用紙を渡されます。記入が終わり、すぐに手術室に案内されます。

手術は短時間で終わり痛みもなく拍子抜け

人生初の手術室です。医療系のテレビドラマ程大げさな感じではありませんが、独特の緊張感があります。

ズボンとパンツを脱いで手術代に仰向けになるよう言われます。上半身は胸あたりまでめくるだけで着衣のままで大丈夫です。

筆者の顔が緊張で相当強張っていたのか、手術を担当する医師が「すぐ終わりますからリラックスして下さい」と声をかけてくれます。

いよいよ手術開始です。まずはシールを使った表面麻酔をします。続けて注射針による麻酔。この時にチクっとした針の刺さる痛みがあります。

虫歯の治療で麻酔をした方ならわかると思いますが、あれに近いチクっとした一瞬の痛みです。

麻酔を打たれてすぐにペニスの感覚が無くなります。医師が触っていてもなにも感じません。ちなみに麻酔は局所麻酔といって患部だけの麻酔となるため意識はあります。肘をたてれば手術の様子を見る事が出来ますが、ずっとその姿勢だと疲れます。

いよいよ余った包皮の切除です。とは言ってもムケスケは見ているのが怖かったので天井を見ていたのですが、「え?もう終わったの?」というくらいすぐに終わりました。手術時間は約30~40分といったところでしょうか。

最後に包帯を巻いてもらい、パンツとズボンを履いて終了です。自分の足で手術室を出て、先ほどのカウンセリングルームに移動します。

手術の流れを詳しく知りたい方は、ABCクリニックが公開している動画がとても参考になるので是非ご覧ください。

abcクリニック手術体験

手術費用の精算

手術が終わり、手術費用の精算です。ムケスケはクレジットカードを使って一括で支払いましたが、カードの他に現金、医療ローンでの支払いも出来ます。

ちなみにムケスケが支払った金額は税込で264,600円でした。この金額で、この先一生コンプレックスに悩まされずに済むのであれば安いものです。

手術後の痛み

手術後の痛みですが、手術当日の麻酔が切れたころが痛みのピークでした。しかし翌日からは痛みも落ち着きました。

手術の痛みについて詳しくは「体験者が語る!包茎手術の麻酔と痛み」をご覧ください。

まとめ

以上、体験談を交えて包茎手術を考えている方へのアドバイスを紹介させていただきました。

包茎手術で失敗しないために大切なこと、それはズバリ「クリニック選び」です。最低でも2つ、出来れば3つのクリニックでカウンセリングを受け、費用や治療方法を比較して決めて下さい。

 


関連記事


包茎手術おすすめクリニック


おすすめ記事


人気記事

  1. ABCクリニックサムネイル
    ABCクリニックの悪い評判、デメリットを知ろう!体験談あり
  2. 上野クリニックサムネイル
    上野クリニックは費用が高い?悪い評判まとめ【体験談あり】
  3. 本田ヒルズタワークリニックサムネイル
    本田ヒルズタワークリニックの料金と本当の評判
  4. サムネイル
    体験者によるメンズサポートクリニック「本当の」評判
  5. エーツー美容外科サムネイル
    ネットの口コミは本当?エーツー美容外科の評判は本当か直接聞いてみた
  6. 東京ノーストクリニックサムネイル
    体験者による東京ノーストクリニック「ホントの」評判

taiken
nomoney_banner

トップへ
包茎手術ランキング